ウィッグ お手入れ方法

↓↓ウィッグショップの評判をチェック!↓↓

ウィッグお手入れ方法

ウィッグは、購入後きちんとお手入れをした方が長持ちしますので、きちんとお手入れをしましょう。

 

お手入れ方法を以下に書きますので参考にしてみてください

 

●ウィッグ洗浄方法について(合成繊維の場合)
※ウィッグ専用のシャンプーを使ってください。
シャンプーで洗う前にほこりをブラシ等で落とします。ブラシを使う時は、繊維が痛まないように優しくブラッシングしましょう。
シャンプーではゴシゴシせずに押し洗いをしてください。

 

その後すすぎます。

 

すすいだ後はトリートメントをします。
トリートメントは3分程度、ウィッグ全体をつける感じで行ってください。

 

そのあと軽くすすぎ、タオルでくるんで水気をとったら、自然乾燥で乾かします。

 

渇いた後、軽くブラシをして整えましょう。

 

人毛ウィッグなどは、お手入れ方法が異なりますので、人毛ウィッグのお手入れ方法等の情報は後日追加していきますね。

ウィッグお手入れ方法関連ページ

ウィッグの良い選び方・ダメな選び方
ウィッグを選ぶときに気をつけるべきポイントなどをまとめました。参考にしてみてください。
ウィッグの自然に見えるつけ方
ウィッグの自然に見えるつけ方は手順を正しく行えば難しくありません。今回は、自然なウィッグのつけ方を写真付きでご紹介しています。
耐熱・非耐熱どっちがいいの?
耐熱ウィッグと非耐熱ウィッグどっちがいいの?という疑問をお持ちの方にそれぞれのメリットやデメリットなどをご紹介しています。
安いウィッグはすぐダメになるって本当?
安かろう悪かろうのウィッグなら意味ありませんよね。だいたい、いくら以上のウィッグなら品質的に安心できるのか、目安の金額を教えます。
ウィッグはジェットコースターでも大丈夫?
ウィッグをつけておしゃれにデートはいいけれど、ジェットコースターのある遊園地にいってもいいのかな?そんな疑問を解決します。
ウィッグのメリットとデメリット
今はやりのウィッグですが、どんな点がメリットなのか?どんな点がデメリットなのか?ご紹介します。
ウィッグは染められるの?
ウィッグは染めることができるのか?についてご紹介しています。市販のウィッグじゃ物足りない方向けの情報です。