ウィッグ 自然

↓↓ウィッグショップの評判をチェック!↓↓

ウィッグの自然に見えるつけ方

すぐにウィッグって分かってしまうようなつけ方だと、あまりおしゃれじゃありません。
ウィッグはうまくかぶると、本当に地毛の用に見え、違和感が全くありません。
このページでは、ウィッグの自然にみえるかぶり方についてご紹介します。

 

フルウィッグのかぶり方
写真は、人気ウィッグショップの「リネアストア」を参考にしています。

 

1.新品のウィッグネットを少し伸ばして、首までかぶります。
2.髪の生え際までネットを持ち上げます。
3.髪の毛をネットの中に入れます。この時均一になるように注意してください。
4.ウィッグをアじゃスターで頭のサイズに合わせます。
5.ウィッグをすっぽりかぶり、おでこと後ろの生え際を合わせます。

 

 

ウィッグを自然に見せるコツは
品質の良いウィッグを購入すること
自然に見えるかぶり方をすること
の2点です。

 

こちらのページで、ネット通販で評判の良いウィッグショップをランキングでご紹介しています。

 

ランキング1位のショップは今回、フルウィッグのかぶり方を参考にさせていただいたコチラです。

↓↓↓

ウィッグの自然に見えるつけ方関連ページ

ウィッグの良い選び方・ダメな選び方
ウィッグを選ぶときに気をつけるべきポイントなどをまとめました。参考にしてみてください。
ウィッグお手入れ方法
ウィッグお手入れ方法について知っておくとウィッグの持ちが違ってきます。お気に入りのウィッグを長く使うためにも知っておいてくださいね。
耐熱・非耐熱どっちがいいの?
耐熱ウィッグと非耐熱ウィッグどっちがいいの?という疑問をお持ちの方にそれぞれのメリットやデメリットなどをご紹介しています。
安いウィッグはすぐダメになるって本当?
安かろう悪かろうのウィッグなら意味ありませんよね。だいたい、いくら以上のウィッグなら品質的に安心できるのか、目安の金額を教えます。
ウィッグはジェットコースターでも大丈夫?
ウィッグをつけておしゃれにデートはいいけれど、ジェットコースターのある遊園地にいってもいいのかな?そんな疑問を解決します。
ウィッグのメリットとデメリット
今はやりのウィッグですが、どんな点がメリットなのか?どんな点がデメリットなのか?ご紹介します。
ウィッグは染められるの?
ウィッグは染めることができるのか?についてご紹介しています。市販のウィッグじゃ物足りない方向けの情報です。