ウィッグは染められるの?

↓↓ウィッグショップの評判をチェック!↓↓

ウィッグを染めたいけど、できるの?

■ウィッグは染められるか?
ウィッグを買いたいんだけど、自分の好みの色がないし、染められればほしいんだけどな〜。そんな風に思っている方も多いと思います。

 

実はウィッグが染められるかどうかは、ウィッグの素材によって変わります。本物の人の毛で作られている、人毛ウィッグは染められますが、化学繊維のウィッグは、無理やり染めれば、染められないこともないですが、基本的にはうなく行かないことの方が多いので、止めた方が良いですね。

 

化学繊維のウィッグを染める手段というのは、ダイロン染料とか、アクリル絵の具などあるのですが、どれもうまく染まりません。(自分の思った通りの色にならないという意味ですね)

 

染まったとしても色が薄かったり、臭いがきつかったりしてしまうので、結局使えなくなり、もったいないので止めましょう。

 

一方、人毛ウィッグの場合は、普通のヘアカラーを使えばうまく染まります。

 

ただ、ヘアカラーの機能をうまく使うためには、人間の体温が必要なのですが、ウィッグだと体温が伝わらないので、染める時間を説明書に書いてある時間より長くしたり、ドライヤーを使って少し温めるといった工夫は必要です。

 

このように
1.ウィッグを染められるかどうかは素材によって違う。
2.人毛は染められるけど、温める必要がある。

 

ということを覚えておいた方が良いでしょう。

ウィッグは染められるの?関連ページ

ウィッグの良い選び方・ダメな選び方
ウィッグを選ぶときに気をつけるべきポイントなどをまとめました。参考にしてみてください。
ウィッグの自然に見えるつけ方
ウィッグの自然に見えるつけ方は手順を正しく行えば難しくありません。今回は、自然なウィッグのつけ方を写真付きでご紹介しています。
ウィッグお手入れ方法
ウィッグお手入れ方法について知っておくとウィッグの持ちが違ってきます。お気に入りのウィッグを長く使うためにも知っておいてくださいね。
耐熱・非耐熱どっちがいいの?
耐熱ウィッグと非耐熱ウィッグどっちがいいの?という疑問をお持ちの方にそれぞれのメリットやデメリットなどをご紹介しています。
安いウィッグはすぐダメになるって本当?
安かろう悪かろうのウィッグなら意味ありませんよね。だいたい、いくら以上のウィッグなら品質的に安心できるのか、目安の金額を教えます。
ウィッグはジェットコースターでも大丈夫?
ウィッグをつけておしゃれにデートはいいけれど、ジェットコースターのある遊園地にいってもいいのかな?そんな疑問を解決します。
ウィッグのメリットとデメリット
今はやりのウィッグですが、どんな点がメリットなのか?どんな点がデメリットなのか?ご紹介します。